ツインレイの嫉妬ミッションの乗り越え方【統合前の最終試練】

ツインレイの嫉妬ミッションの乗り越え方【統合前の最終試練】

ツインレイは魂を磨く過程の中で、必ずどちらかが、またはお互いに激しい嫉妬を経験します。相手を愛する気持ちが唯一無二であるように、この嫉妬も今まで経験したことのないほどに大きく強く、苦しいものとなるでしょう。

あまりに大きな嫉妬にかられてしまうと、お互いを愛している事実からも投げ出したくなってしまうかもしれません。

しかし、これはツインレイであれば誰しもが経験するミッションの1つなのです。

今回は、ツインレイの嫉妬ミッションの原因と克服法について解説していきます。愛する人を想って胸が苦しく辛いという方は、ぜひ参考にしてみてください。

ツインレイ鑑定士の啓思(けいし)が、ツインレイの嫉妬ミッションの乗り越え方を解説します。

ココナラでランキング1位の啓思のツインレイ鑑定

→→魂の縁を視てツインレイ診断を致します

※会員登録で300円無料クーポン付き

目次

ツインレイの嫉妬ミッションとは【基本の意味】

ツインレイの嫉妬ミッションとは【基本の意味】

ツインレイの嫉妬ミッションとは、ツインレイに訪れる数々の試練の中の1つ。嫉妬を通して自身と向き合い、エゴや執着を手放し、無償の愛に気づく過程のことをいいます。

ツインレイの2人は出会いから魂の統合までの間に、いくつもの乗り越えるべき試練があります。試練を通して学びを得ることで、魂は磨かれていくからです。辛い試練を乗り越えてこそ、統合を迎えられるほど輝く美しい魂に成長していくことができるでしょう。

ツインレイの嫉妬ミッションは、ツインレイの過程でも中期から後期にかけて設定されている場合が多く、最終的な大きな試練として統合期のまさに統合直前に設定されていることも多々あります。

お相手の結婚相手に強い嫉妬心を抱き、胸が焼けるような苦しみを味わうこともあれば、ツインレイ男性がツインレイ女性に嫉妬をし、彼氏・彼女の間柄でもないのにひどい束縛をすることもあります。

サイレント期間が終わり、統合期に入る時にはきっと「統合へ向けてお相手と気持ちが通じているはず」「離れ離れでない。もう目の前にいるのだから後は統合を待つだけ」と安心するツインレイもいるでしょう。そのような中で、この統合期の嫉妬ミッションには多くのツインレイが戸惑いを覚えてしまいます。

チェイサーであったツインレイ女性はもちろん、ランナーのツインレイ男性でさえ強い嫉妬心をツインレイ女性に向けてきます。2人はラブラブどころか。近くにいるのに心が通じない虚しさを感じたり、険悪な雰囲気になってしまったりするのです。

しかし、この最終試練を乗り越えたツインレイは魂をまた一段と磨くことができます。サイレント期間に培った学びを、ブラッシュアップさせるような感覚です。

ツインレイの嫉妬ミッションで得る学び・成長は、大きく分けて2つあります。

1つは、強い嫉妬心という感情がコントロールできない状況において、醜い自分や身勝手な自分との対話を行うことで自己を成長させるということです。葛藤の中で自分の欠点を認め、自身の心と本気で向き合うことで、自己統合を加速させることができます。

もう1つの目的は、お相手と喧嘩や関係の悪化を経て、それでも尚お互いを思いやれる愛に気づくことです。身勝手な嫉妬を克服して、お相手を自分ごとのように捉えられるようになる時、ツインレイは本当の意味でエゴ・執着を捨て無償の愛を知ることになるでしょう。

ツインレイの嫉妬ミッションは、とても辛いですが乗り越えることでこれまでの学びがまた一段階加速します。まさに最終試練と言えるほど、ツインレイ自身が大きく変わる試練であるので、心を強く持って乗り越えていくことが大切です。

ツインレイ男性の嫉妬【原因と特徴】

ツインレイ男性の嫉妬【原因と特徴】

ツインレイは、男性と女性で嫉妬の性質や嫉妬が生まれる原因は異なります。男性と女性でランナー、チェイサーと言ったツインレイの役割、必要な成長箇所も違っているからです。

まずは、ツインレイ男性の嫉妬の原因と特徴について見ていきましょう。

ツインレイ男性の嫉妬の主な原因は2つあります。

1つは、ツインレイ男性が劣等感を抱えているためです。ツインレイ男性は、多くの場合本当の意味での自信がなく、その行動の多くは彼の抱える劣等感に由来しています。

ツインレイの中でも、特に「スターシード」と呼ばれる宇宙にルーツを持つツインレイ男性は、地球上で生きていくこと自体に違和感を感じており、居場所のなさをいつも抱えています。感覚の違いからいじめられた過去があったり、自分だけ異なる価値観を持っていることを隠し、疎外感を感じたりしたこともあったでしょう。自分に自信がなく、常にうっすらとした不安があるため精神が不安定で、他人に依存したり嫉妬しやすいのです。

このように自分軸が確立していないツインレイ男性は、ツインレイ女性に出会ったことで、ツインレイ女性が彼をぐらぐらと揺さぶる存在になってしまいます。

ツインレイ女性に認められたい、ツインレイ女性に愛されたいという思いが「自分だけを見て安心させてほしい」という気持ちに繋がります。

そのため、ツインレイ男性はツインレイ女性を自分だけを見るようコントロールしようとし、束縛してしまうこともあるでしょう。

ツインレイ男性の嫉妬の原因の2つ目は、ツインレイ男性がもともとツインレイ女性を守りたいという欲求を持っていることに由来しています。

男性性の強いツインレイ男性ほど「保護欲」があり、ツインレイ女性を近くに置いておきたい、自分の管理下にいてほしいと思うのです。これは、もともとの男性性に加えて、ツインレイという運命において、過去に何度も2人が引き離されてきたことも影響しています。

守りたいのにいつも守りきることができなかったという過去世の記憶が、魂をより不安にし、「今回こそは自分が彼女との運命を管理したい」と願います。それゆえに嫉妬心にかられ、他の男性が近づくことに異常な警戒心を抱くのです。

勝手に湧き上がってしまう激情の一方で、ツインレイ男性の嫉妬の特徴は、「嫉妬したくない」「こんな自分は嫌だ」という冷静な気持ちも持ち合わせていることです。

ツインレイ男性は、「自分がこうでありたい」という理想も持っています。それはツインレイ女性を苦しめたくないという想いのこともあれば、既婚などの要因のために3次元の価値観を優先させ、ツインレイ女性を愛することさえやめたいという気持ちの場合もあります。

いずれにしても、冷静で合理的な判断をしたいと思っているツインレイ男性は、自分の強い嫉妬に戸惑いを隠せません。

ツインレイ女性を愛しているとしか説明のできない強い束縛をしても、心の中では常に葛藤をしているので、急に冷たくなることもあります。

「厳しく言ってくるのに、どこか冷たい」「束縛しているのに、突き放すときもある」といった、ツインレイ女性から見て整合性の取れない行動をするツインレイ男性も多いでしょう。

ツインレイ男性は嫉妬してしまう自らが嫌で、問題の原因から逃れるために、ツインレイ女性のもとを離れよう離れようとする場合もあります。

ツインレイ女性の嫉妬【原因と特徴】

ツインレイ女性の嫉妬【原因と特徴】

ツインレイ女性の嫉妬の原因は、自分軸が確立していないために起こります。

ツインレイ女性もツインレイ男性と同様に、統合期の後期に至るまではとても不安定です。

生きる目的や、愛の形が定かではなく、ふらふらとしている状態のため、ツインレイ男性という惹かれる存在が現れると、彼に自分の人生ごと依存してしまう傾向があるでしょう。

ツインレイ男性に「どう評価されるか」「愛されているか」が自分を満たす基準となり、自分の価値の全てになります。

常識や世間の評価、3次元的な価値観という表面的な判断基準にしっくりきていなかったツインレイ女性は、ツインレイ男性という「絶対的な存在」を得て、魂の拠り所のように感じ、彼の一挙手一投足が自分の全てのように感じてしまうのです。

そのため、小さなことで嫉妬をし、愛が得られていないと感じると大きな不安に襲われます。ツインレイ男性に関わる女性を心底羨ましく感じ、自分が惨めに思えるなど、特に他人と自分を比較して強い嫉妬心を感じることとなるでしょう。

また、自分がこれほどまでに愛するツインレイ男性が、はっきりとした態度を示してくれないこともツインレイ女性の嫉妬心に繋がります。

ツインレイ女性は、ツインレイ男性を運命の相手だと気づくのが早い傾向がありますが、ツインレイ男性はランナーとなることが多く、逃げまどい、なかなか自分たちの関係を認めることはありません。

そのため、ツインレイ女性も運命の相手だという確信が持てず、不安を抱えることになります。「ツインレイ男性が運命に気づかないままであったらどうしよう」「そもそも、結ばれる運命にはないのかもしれない」という不安や恐怖感が、相手への強い執着を生み、嫉妬にかられることになるのです。

ツインレイ女性は、彼が自分を愛してくれさえすれば嫉妬はしなくなるだろうと思いますが、しかしそれもまた異なります。

ツインレイ女性は自分軸を確立するまでは、常に自分の外の何かと自分を比較し続けて生きることになります。他の女性やツインレイ男性に関わる人全てと自分を比較し、劣等感や相手をうらやむ気持ちに苦しむことになります。

たとえツインレイ男性が「愛している」と言ってくれても、ツインレイ女性自身が自分の価値観で生きない限りは、愛が不安で嫉妬してしまいます。

ツインレイ女性は、嫉妬を克服していく過程で同時にエゴや執着を手放し、自分軸を確立していきます。

嫉妬の克服=自分の弱さに気づくことです。

自分の弱さに気づき、認めていく過程で、自分が本当に大切にしたいものを見つけていくことができます。そして自分を見つける、自分軸を確立する=自己統合ができれば、嫉妬をすることもなくなるでしょう。

これが、ツインレイ女性の嫉妬ミッションです。

ツインレイが嫉妬ミッションを乗り越える5つの方法

ツインレイが嫉妬ミッションを乗り越える5つの方法

ツインレイが嫉妬を克服するには、段階を踏んでゆっくり自分の心に向き合っていく必要があります。逆に言えば、自分の心にしっかりと向き合えば嫉妬は克服していけるでしょう。

ここからは、ツインレイが嫉妬ミッションを乗り越える方法を5つご紹介していきます。

  • 嫉妬心を認める
  • 内観して自分の欠点を受け入れる
  • 魂の片割れを信頼する
  • 自分の気持ちを伝える
  • 占い師に相談して気づきをもらう

お相手に嫉妬をしてしまっているというツインレイの方は、ぜひチェックしてください。

嫉妬心を認める

嫉妬を克服するための第一歩は、自分の心に嫉妬心があることを認めることです。

多くのツインレイは嫉妬心をなかなか認められません。ツインレイ男性はそのプライドから、相手に心を乱されている事実を認めようとせず、ツインレイ女性はツインレイ男性に寛容であり、深い愛と理解を持った自身でいたいと願うために、お互いに嫉妬をなかなか受け入れられないでしょう。

特にサイレント期間を終えたツインレイは、統合期においてまだ大きな課題が残っていることに驚き、それを認められない場合もありますね。

しかし、嫉妬心はいくら目を背けても実際にそこに存在してしまっているのですから、どう逃げ回っても、認めずにいても消えることはありません。寧ろ、見えないふりをすればするほど、誰も止めることはできず大きく増殖していってしまうでしょう。

嫉妬心はツインレイであれば誰しもが抱いてしまう感情です。今まで冷静に恋愛が出来ていた人も、どれだけ思慮深く寛大な人も必ず嫉妬心は生まれています。

まずはその事実に目を向けてあげましょう。自分の嫉妬はどのような顔をしているのか、あからさまに束縛をしてしまうのか、嫉妬なんてしていないふりをして、ただ心で苦しんでいるのか、その様子を観察するような気持ちで見つめてみると嫉妬心をナチュラルな気持ちで認めていくことができるでしょう。

内観して自分の欠点を受け入れる

内観して自分の欠点を受け入れる

嫉妬心を認めるのと同時に、「自分は不完全であること」を受け入れていくことも大切です。

「完全でなければ愛されない」という思い込みを手放し、ありのままの自分を愛してあげることこそ、ツインレイのエゴや執着の手放し、自分軸の確立=自己統合につながります。

ツインレイは男性も女性も、「自分が完璧でなければ愛されない」「完璧でなくとも少しでも正しく美しい自分でいようとしなければならない」と思い込む傾向があります。ありのままの自分で愛されるという自信がないのです。

しかし、完璧な人など世の中にはいません。宇宙が生み出したこの世のあらゆるものは不確かでいびつなものです。しかし、その全てが関わり合う中で美しい調和がなされ、「完璧」は生まれるのです。私たち1人1人が常に品行方正で、端麗である必要はありません。

「どのような自分も自分である」ということを受け入れていきましょう。そうすることで、あなたが過去世から引き継いだ魂は喜び、あなたを作り出した宇宙も祝福するはずです。

欠点を受け入れる方法は、自分に起こったこと感じたことを素直に吐き出すこと、そしてそれを自分自身でやさしく慰めてあげることです。過去に起こった嫌なこと、コンプレックスに繋がるようなことに蓋をせず、きちんと思い出してあげ、もう1人の自分で優しく包み込んであげましょう。

そうしていくうちに、自分の嫌だと感じていた部分も癒され、自然に受け入れられるようになります。

魂の片割れを信頼する

魂の片割れを信頼する

ツインレイは今世で結ばれることを諦めない限り、結ばれる運命にあります。「来世に持ち越しましょう」としない限り、どんなにつらくてもそれはツインレイの過程の中のこと。すべては順調に進んでいるのです。

お相手が自分のことを冷たくあしらったり、自分以外の人を選んだ時にはかなり大きな嫉妬を感じ、辛くて仕方がなくなってしまうかもしれません。

しかし、それもまた乗り越えるべき課題です。お相手はきっと課題を乗り越え、自分の意思を持って魂に従い愛する人を決めることになるでしょう。

そして、あなた自身もお相手を信じ、自分自身の学びに集中する時でもあります。

お互いに相手を信頼し「今は1人1人自分の課題に向き合う時」と心を決め、魂を磨かせることによって、再会の日は近づくことになるでしょう。

自分の気持ちを伝える

自分の気持ちを伝える

嫉妬に心が乗っ取られてしまう前に、お相手に気持ちを伝え、ある程度開放してあげることも大切です。我慢するとネガティブな感情は増幅していき、気が付いたら処理が難しくなってしまうので、小さいうちに外に出してあげることは嫉妬の克服に有効な手段です。

お相手に「他の女性を愛している事実が辛い」「好きで好きでたまらない」と伝えるべきタイミングはあるかもしれませんね。

ただし、大切なのは嫉妬にかられたその感情のままお相手に気持ちをぶつけないことです。

ツインレイは対になる相手のため、ぶつけた感情はお相手の中で増幅して返ってきてしまうことが多々あります。

強い嫉妬は憎しみにも似た感情になり、お互いに愛し合っているのに、まるで憎しみ合っているような関係にもなりかねないでしょう。

そのため、自分の気持ちを伝える時は、「お相手をどれほど愛しているか」ということにフォーカスすべきです。「こんなにあなたのことが好きなんだよ」「大切に思っているんだよ」ということを言葉にすれば、お相手も嫌な感情を抱くことなく受け取れるはずです。

占い師に相談して気づきをもらう

占い師に相談して気づきをもらう

自分の嫉妬をうまくコントロールできないと感じたら、ツインレイに精通した占い師に相談するのも1つの方法です。

激情にかられていると自分では正しい判断ができないため、第3者の冷静な意見を取り入れた方が良いでしょう。占い師という能力により、あなたとお相手の今後を見据えて意見をもらえることもあります。

占い師に相談するときは、自分自身でも内観をしていくつもりで対話を行いましょう。

せっかくあなたを見つめてくれる人がいるのですから、上辺でお話をするのではなく、心を割って気持ちの中を整理してもらった方が良いです。深層に入っていくことで、自分でも気づかなかった潜在意識の奥底の感情を発掘することができます。

ツインレイに精通した占い師さんの中から、自分の波動の合う方にお願いすると更に心地よく気づきを得ることができるでしょう。

ツインレイの嫉妬ミッションは統合前の最終試練。乗り越えると統合が近づく。

ツインレイの嫉妬ミッションは統合前の最終試練。乗り越えると統合が近づく。

ツインレイの嫉妬ミッションは、サイレント期間終了後の統合期に設定されていることも多く、学びを得てお相手に再会できたはずなのに、自分の心に生まれる強い嫉妬心に戸惑ってしまう方も多いでしょう。

嫉妬はそれだけ人間らしい感情で、お相手を愛していれば誰でも感じるものです。

ツインレイは、まずは自分の嫉妬心に向き合い認めてあげるようにしましょう。自分の中にエゴや執着が残っていたことに気づき、その感情をどうしていきたいのか考えるだけでも意味があります。

嫉妬心と向き合い苦しみ抜いた末に、それでもお相手に与えたい愛こそが無償の愛です。

嫉妬ミッションはとても辛いものですが、それだけ得られるものも多く、嫉妬を克服した暁には、あなたの魂は更に輝けることでしょう。

統合はもうそこまで来ています。どうか焦ることなく、自分と向き合い、自分を認め、試練を乗り越えて行ってくださいね。

2人の未来が明るく輝きますように。

ツインレイ鑑定士の啓思(けいし)が、ツインレイの嫉妬ミッションの乗り越え方を解説しました。

ココナラでランキング1位の啓思のツインレイ鑑定

→→魂の縁を視てツインレイ診断を致します

※会員登録で300円無料クーポン付き

鑑定士 啓思のLINE登録は以下から▼

友だち追加
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次