スピリチュアル

妬まれる人のスピリチュアルな意味4つ*カルマを乗り越えへ成功するには

  • 最近よく妬まれるようになった…。スピリチュアル的にはどんな意味があるの?
  • 成功するには妬まれるのは必要なの?
  • カルマだとしたら、具体的な対処法を知りたい!

人生で登り調子になると、妬みやそねみ、ひがみの感情をぶつけられる機会が増えてきます。

不運なことに、成功への階段を登るときに、周囲からのネガティブな感情で、元の位置に戻ってしまう人が多いです。

そこで本ページでは、妬まれる人のスピリチュアルな特徴を解説し、そこから見えてくる対処法をお伝えしていきます。

本ページを読むことで、嫉妬されるカルマを乗り越えて、成功への道へ突き進む方法が分かります。

そもそも妬まれるとは?

妬みの感情とは、自分よりレベルが高い人に対して、「なんであの人だけ幸せそうなんだ」と、不幸な人生を過ごす人が持つものです。

もともと同じようなステージにいた人が、自分より1歩前に進んでいくようになると、引きずり降ろそうとする感情がでてきます。

理由はシンプルで、自分も努力してレベルアップするよりも、引きずり降ろした方が楽であるためです。

また努力するのがかっこ悪いと思っていたり、そもそも努力する方法が分からなかったりもします。

人生で不幸を感じている人は、自分をレベルアップさせる発想がゼロに近く、同じレベルまで引きずり降ろすことに全エネルギーを注いでいくのです。

妬まれる人のスピリチュアルな4つの意味

妬まれやすい人は、周囲の人から上のステージにいると思われています。

上のステージにいることには、主に4つのスピリチュアルな意味があるのです。

  • 良い運気に包まれている
  • 波動が上がっている
  • 美人オーラを放っている
  • 純粋無垢な魂の持ち主

4つのスピリチュアルな特徴を順番にお伝えしていきます。

良い運気に包まれている

運気が良い状態だと、嫉妬の感情をぶつけられやすいです。

なぜなら、そのまま何もちょっかいをかけないでおくと、どんどんステージが上がっていき、かけ離れた存在となってしまうためです。

キラキラとした雰囲気を放つと、素晴らしい人との出会いが増えると同時に、絶対に関わりたくない人との出会いも増えてしまいます。

波動が上がると嫉妬される

あなたが持っている波動が上がると、周囲がギャップに違和感を感じ始め、嫉妬されるようになります。

人は同じような波動を持った人と、一緒にいたいものです。

たとえ自分より良い波動を持っていても、不幸な状況に染まり続けた人は、エネルギーレベルを上げようとしません。

その結果、波動が上がった人の足を引っ張るような好意を繰り返します。

美人オーラを放っている

美人オーラを放っていると、妬まれやすいです。

なぜなら、ほとんどの人の深層心理では、美人として評価され、美人としての人生を過ごすのを最上の至高としているためです。

美人オーラを放つ人は、欲しくてたまらない地位をすでに手に入れているため、激しい妬みの感情にさらされます。

また美人を見ていると、中途半端な容姿をしている自分が見下されていると錯覚することも関係しています。

純粋無垢な魂の持ち主

魂が純粋無垢で、清廉潔白な人は、妬まれやすい特徴にあります。

純粋で嘘偽りがないものを見ていると、自分の汚れきった感情や魂が浮き彫りになってくるためです。

宝石のようにピカピカした存在に対して、妬みの感情をぶつけ汚してしまうことで、自らのレベルまで引きずり降ろそうとする心理が働くのです。

妬み・そねみ・ひがみへのスピリチュアルな対処法

運気や波動の上昇があると、どうしても妬みやそねみ・ひがみの感情をぶつけられやすくなります。

適切に対処する方法を知らないと、同じレベルまで引き下げられ、元の位置に戻ってしまう恐れもあります。

具体的に対処するには、次の3つの対処法があります。

  • 反面教師と捉え、自らの波動を上げるための動機とする
  • カルマと捉え、壁を乗り越えるための試練と考える
  • 受け流す

以下から、順番に解説していきます。

反面教師と捉え波動を上げるための動機とする

嫉妬していくる人を見つけたら、反面教師と捉えるのが良いです。

「人の振り見て我が振り直せ」といった言葉があるように、間違った手本が目の前にいるわけです。

波動を上げるためにやってはいけないことを伝える存在と捉えることで、ネガティブな影響を受けずに対処できます。

カルマと捉え壁を乗り越えるための試練と考える

嫉妬とされるのは、人生のステージや波動を上げる上では、避けて通れないカルマです。

絶対に逃れられないものとして引き受けることで、強い心をもって妬みやそねみ、ひがみの感情を跳ね返すことができます。

無事にカルマの壁を乗り越えると、波動のレベルが数段上がり、スピリチュアル的にも高次の存在となります。

受け流す

妬みの感情をぶつけられたら、受け流す気持ちも大切です。

波動の低い人の言葉を真に受け続けていると、自らの高い波動に悪影響がでてきてしまうためです。

自分よりレベルの低い人の言葉なのですから、聞き流したり受け流したりしても、全く問題ありません。

嫉妬される人は成功する。カルマの壁を乗り越えよう

人生で成功して波動を上げていくには、周囲から嫉妬の感情をぶつけられるのを、避けることができません。

妬みやそねみ、ひがみの感情を受けるのは、スピリチュアル的に高次な存在になる上で、逃れられないカルマです。

とはいえ、周りからの同調圧力に負けず、カルマの壁を乗り越えるとグンと人生のステージが上がります。

妬まれやすいと感じたら、大きな成功の前の試練として捉え、前向きに立ち向かっていくことで、最終的に至福への道へ至るのです。