ツインレイと繋がっている証拠5つ*本物なら離れていても大丈夫

ツインレイと繋がっている証拠5つ*本物なら離れていても大丈夫

ツインレイはこの世にたった1人の運命の相手ですが、その試練の道を歩んでいると「本当に絆は存在するのか」「運命を全うできるのか」不安になってしまうこともありますね。

特にお相手と会うこともできず、お相手の心内がわからないサイレント期間の時期には、「このままでは繋がりが途絶えてしまうのではないか」と心配で焦ってしまうことも…。

しかし、ツインレイは魂で必ず繋がっています。そしてそれは、最初のうちは気が付かなくとも、自分自身でやがて実感できるのです。

そこで本ページは、「ツインレイと繋がっている証拠」についてお話していきます。

特に、自分たちの運命に自信が持てない方、不安で押しつぶされてしまいそうな方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

ツインレイ鑑定士の啓思(けいし)が、ツインレイと繋がっている証拠を解説します。

ココナラでランキング1位の啓思のツインレイ鑑定

→→魂の縁を視てツインレイ診断を致します

※会員登録で300円無料クーポン付き

目次

ツインレイとは魂・潜在意識で繋がっている

ツインレイとは魂・潜在意識で繋がっている

ツインレイは遠い昔に1つの魂を2つに分けた存在です。さまざまな経験を経て、学びを深めたあとに1つに戻るという運命のもとに魂を分かちました。

2つになった魂は、もとは同じものなので、どんなに離れていても、幾度人生を繰り返しても再び結ばれようとする力が発生します。

実際に再び結びつく=「統合」を果たすのはまだ先になりますが、磁石のように引き合って繋がりは途絶えることはないのです。

また、お互いを求めあうその意識は、無自覚のうちにエネルギー交流、テレパシーのやり取りを繰り返します。

魂が分かれた瞬間から、「統合」を果たすまで、その交流の強弱は大きく変わりますが、やり取りが全くなくなるということはあり得ません。ツインレイの魂は今世において、出会う以前からずっと繋がっています。

ただし、ツインレイ本人たちがそのことに気が付いているかというと、それはまた別の話になります。

魂は潜在意識の中にあり、3次元的な意識で生きているうちは自分でもなかなかアクセスすることができません。潜在意識の中の魂のエネルギーを、はっきりと感じ取ることができるのは、ツインレイの「覚醒」前後の期間になります。

ツインレイ同士のエネルギーのやりとりを自分で実感できれば、きっとツインレイ本人も安心して試練の道を歩んでいけることかと思いますが、最初のうちはなかなか感じられないために、不安でいっぱいになってしまうのです。

しかし、考え方によってはそれもまた試練の一つだと言えるでしょう。

不安の中でお相手のことを信じ、微かな繋がりを実感していくことで、ツインレイの霊的な感覚は研ぎ澄まされていき、波動も高まっていきます。

離れていても繋がっている証に目を向けることで、3次元的な価値観から離れ、魂の動きを感じ取る感受性を磨くことができるのです。

ツインレイと離れていても繋がっている証拠・サイン5つ

ツインレイと離れていても繋がっている証拠・サイン5つ

ツインレイが、お互いに離れていても繋がっている証拠・サインを5つご紹介していきます。

  • 偶然の一致・シンクロニシティが起こる
  • ツインレイの夢を見る
  • 再会する確信がある
  • そばにいる感覚がある
  • 性エネルギー交流が起こる

1つ1つ、ご自身の経験と重ね合わせながらご確認ください。

偶然の一致・シンクロニシティが起こる

偶然の一致・シンクロニシティが起こる

2人がツインレイであれば、必ず「シンクロニシティ」を経験することになり、それが魂が繋がっている証拠だと言えるでしょう。

シンクロニシティとは、「意味のある偶然」のことを言います。「会いたいと思っていた人に街中でばったり会う」「元気かな?と思っていたらその瞬間に電話がかかってくる」など、同じタイミングで動作を行ったり、何度も不思議な偶然が重なるのがシンクロニシティです。

シンクロニシティはツインレイ以外でも起き、これは潜在意識の奥の方にある「集合的無意識(=私たち人間が深層で繋がり、共通して持っている意識)が関係していると言われています。

ツインレイは、この集合的無意識に加え、魂の波動が近く、エネルギー交流も行っているため、さらにシンクロニシティの頻度は高くなるでしょう。

生まれた時間が一緒、故郷に繋がりがある、名前に共通点がある、といった自分では左右できないことから、エンジェルナンバーを頻繁に目にする、体調不良が重なるといった日常的なものまで様々です。

不思議な偶然の体験をしたら、お相手の意識に想いを馳せると、より一層繋がりが感じられるかもしれません。

ツインレイの夢を見る

ツインレイの夢を見る

ツインレイの夢をみるのも、2人の繋がりを表すサインです。

「夢は魂のふるさと」といい、夢で見る映像には魂的に意味があることが多くあります。

眠っている間は、今世の価値観や顕在意識から離れて魂がピュアな状態にあるために、お互いの願いがそのまま形になることがあります。

たとえサイレント期間で物理的には会うことのできない状態でも、お相手もあなたを想っている時には、夢の中で再会を果たすこともあるでしょう。中には、何度もお相手と夢の中で再会し、統合までお互いに頑張ろうと励まし合うツインレイカップルもいます。

一方で、夢には「日中の考えや受けた刺激を整理する」という役割もあります。日中にお相手に会いたいと思えば思うほど、単純に夢に出やすくなるのもまた事実です。そのため、「お相手を夢に見るだけでは繋がりの確信が持てない」という場合もあるでしょう。

しかし、この2つの夢、ツインレイのお相手が出てくるあらゆる夢の雰囲気や内容はかなり異なります。夢から覚めた時の感覚で、多くのツインレイはそれが魂のつながりによるものか、単に幻影として夢に現れたのか理解することができるため、心配は要りません。

特に、夢の中でもエネルギー交流をした場合は、肌が実際に触れ合ったかのような明らかな存在感を感じることになります。

再会する確信がある

再会する確信がある

ツインレイ同士はいくら物理的に離れていたとしても、たとえ連絡が全くできない状況であったとしても、再会できるという確信があります。

それは、魂の記憶からくる確信で、潜在意識の中にあるため顕在意識ではうまく説明をすることができません。

過去世で何度も何度もめぐり合い、志半ばにして結ばれることなく次の世で出会うことを約束した2つの魂は、本人たちが諦めない限り必ず再会することを知っています。

他人には説明ができませんし、今世の価値観で物事を捉えているうちは、自分でも理解はできませんが、「必ず会える」という不思議な感覚は自分が諦めない限り不思議と消えることがないのです。

側にいる感覚がある

側にいる感覚がある

ツインレイ同士は、エネルギー交流やテレパシーの交流があるため、お互いがすぐ傍にいるような感覚を覚えることになります。

具体的には、テレパシーのやりとりが盛んになることによって、うなじのあたりにお相手のエネルギーを感じることが多くなるようです。

ツインレイカップルによって異なりますが、中には統合が近くなると、既に一体化してしまっているのではないかと思うくらいお相手の存在をすぐ傍に感じる人もいます。

これらの感覚は一般の人にはなく、ツインレイ同士でなければ体験することのないものなので、繋がりをすぐに感じることができるでしょう。

ふとその感覚が表れた時には、きっと自分たちが特別な関係であることを実感することになるはずです。

性エネルギー交流が起こる

性エネルギー交流が起こる

ツインレイの性エネルギー交流は、「自分らしく生きたい」「魂のまま生きたい」という欲求である「性エネルギー」を男性側が発することにより起きます。

女性側がそのエネルギーを受け取り、自身の性エネルギーと合わせ増幅することによって交流が行われ、エネルギーの総量はどんどん大きく強くなっていきます。

この性エネルギー交流は、ツインレイであれば必ず起こり、何かしらの感覚として実感できるものです。

ツインレイ男性は、ツインレイ以外の他の女性には抱いたことのないほどの性衝動を感じたり、ツインレイ女性は子宮の疼きや身体の火照りを感じたりすることになるでしょう。

物理的にいくら離れていても性エネルギー交流は起きるために、未だ自分たちのエネルギーの動きに気づかないうちは、お互いに自分が変になってしまったのではないかと戸惑うこともあります。

本物のツインレイなら離れていても大丈夫。サイレント期間は学びに集中して。

本物のツインレイなら離れていても大丈夫。サイレント期間は学びに集中して。

いくら運命の相手であっても、物理的に離れ離れになり、連絡を取ることもままならないサイレント期間の入り口は、非常に辛い思いをすることになります。

離れる際にはランナーから冷たい態度を取られたり、虚無感や空虚感の残る別れ方をしたりする場合が多いため、客観的に見て「もう二度と会えない」「愛は失われてしまった」といった印象を抱く場合もあるでしょう。

しかし、本物のツインレイでしたら必ず再会を果たすようになっています。離れていても、魂で繋がっているため大丈夫です。

学びに集中して、魂を早く成長させることに心を向けるようにしましょう。

ツインレイのサイレント期間は、少なからず悲しい思い、寂しい思いをするように出来ています。ランナーもチェイサーも自分自身の弱さに向き合い、本人たちにとっては荒療治的な手段で成長をする必要があるからです。

逆に言えば、この寂しさ、辛さもツインレイのプログラムの一環と言えます。それでも相手を信じられるか、運命を全うしようとできるかという課題もあるのです。

もしも再会できない可能性があるとするのならば、それは学びを放棄し、成長をせず今世での人生を終えるという選択をした時でしょう。それは選択の1つなので、宇宙も引き留めることはしません。来世へと運命を持ち越すだけです。

ただ、「早く会いたい」「今世で結ばれたい」という気持ちがあるのであれば、自身の学びに集中して魂を成長させることです。

「会いたい」という気持ちが、「あの人が幸せならそれで良い」という願いにかわるころ、ツインレイは再会を果たすことができるでしょう。

ツインレイ男性は分かっている。試練を乗り越えることで再会する。

ツインレイ男性は分かっている。試練を乗り越えることで再会する。

ツインレイ男性はランナーになることが多く、覚醒もツインレイ女性よりは遅くなる傾向があります。そのため、ツインレイ女性からすると、「本当に理解があるのか」「自分がツインレイであることに気づかないまま今世を終えてしまうのではないか」と心配になってしまうこともありますね。

しかし、ツインレイ男性は自身の潜在意識では、運命について確かな納得をしています。

ツインレイは実は男性の方が霊性が高く、ツインレイの2人が今世において物理的な出会いを経験した時も、先に相手が「特別な人」だと気が付くのは、ツインレイ男性の方です。

自身の運命には気が付いていなくとも、「この人は特別な人で、自分にとっての女神である」という感覚は強く感じています。

ただ、その想いを純粋に表現し、愛を貫いて生きるためには、今世においてあまりにも障害がありすぎます。婚姻関係や年齢差など、2人が置かれている状況はもちろん、ツインレイ男性自身の顕在意識における「こうあるべき」という3次元的な価値観は、2人の心の距離を引き離します。

魂では惹かれているけれど、顕在意識の「思考」「心」では離れることを選択するのです。

しかし、2人を引き離している問題やツインレイ男性の思考は、サイレント期間中のあらゆる試練を乗り越えていくことで変化していきます。魂も磨かれていくので、次第に次元上昇し彼も覚醒を果たす時がくるでしょう。

ツインレイ女性は男性のことをつい心配してしまいがちですが、お互いの魂は運命にとって最も良いペースで変化し続けているということを忘れてはいけません。

ツインレイ男性にはツインレイ男性のペースがあるだけです。お互いが試練を乗り越えていくことで、必ず再会を果たすことができるでしょう。

まとめ

ツインレイが繋がっている証拠・サインについてみてきました。

好きな人と結ばれるかどうかは、「恋愛」をする多くの人が気になるところですが、特にサイレント期間に入ったツインレイのような離れ離れのカップルは、不安や心配でいっぱいになってしまいます。「結ばれないのではないか」という恐怖感に駆られてしまうことさえあるでしょう。

しかし、ツインレイは2つの魂を分けた相手です。自分たちで認識できる「顕在意識」では何もわからなかったとしても、潜在意識の中にある魂では必ず繋がっていて、絆は切れることはありません。

シンクロニシティが頻繁に起こったり、お相手が出てくる夢があまりにもリアルであったり、傍にいる感覚があったりするのがその証拠です。

また、運命を理解していないように見えるツインレイ男性も、潜在意識ではその特別感に既に気が付いています。

本物のツインレイであれば、心配してもしなくとも二人の繋がりは決して切れることはなく、男性もいつか覚醒を果たします。

その時期がいつになるかは、試練を乗り越えていいくかどうかによって決まります。

もしも早くお相手に会いたいのであれば、目の前の試練を着実に1つずつクリアしていくのが、最も近道でしょう。

サインによってお相手とのつながりを実感しながら、サイレント期間の学びを進めていってくださいね。

貴殿の未来に、絶え間ない愛に包まれながらも愛を実践していく統合の扉が開かれていくことをお祈り致します。

ツインレイ鑑定士の啓思(けいし)が、ツインレイと繋がっている証拠を解説しました。

ココナラでランキング1位の啓思のツインレイ鑑定

→→魂の縁を視てツインレイ診断を致します

※会員登録で300円無料クーポン付き

鑑定士 啓思のLINE登録は以下から▼

友だち追加
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる