ツインレイが既婚者である理由5つ。試練を乗り越え統合する方法を解説

ツインレイが既婚者である理由5つ。試練を乗り越え魂を統合する方法。

出会いを果たした時にツインレイが既婚者だった、またはご自身が既婚者であるととても戸惑いますよね。

お相手が既婚者であると結ばれるまで一筋縄ではいかず、モヤモヤしたり苦しんだりすることも多くあるでしょう。

「運命の相手なのになぜ既婚者なの?」
「どうして結婚した後に出会わなければならなかったの?」

そんな疑問が浮かんでも無理はありません。中には、あまりの困難に自分たちはツインレイではないのではないかと不安にってしまう方もいます。

しかし、ツインレイが既婚者であることはそう珍しくなく、統合を果たしたツインレイカップルの中にも既婚者として出会ったカップルは多数います。

今回は、ツインレイが既婚者である理由と、既婚者が試練を乗り越えて統合を果たすにはどのようにすれば良いのかについてお話をしていきます。

お相手、またはご自身が既婚者であり、これからどのようにすべきか悩んでいらっしゃる方はぜひチェックしてみてください。

ツインレイ鑑定士の啓思(けいし)が、ツインレイが既婚者である理由を解説します。

ココナラでランキング1位の啓思のツインレイ鑑定

→→魂の縁を視てツインレイ診断を致します

※会員登録で300円無料クーポン付き

目次

ツインレイが既婚である理由5つ【魂のストーリー】

ツインレイが既婚である理由5つ。

ツインレイが既婚者だと、罪悪感を感じたり、結ばれるのか不安になったりとても苦しい思いをされることと思います。

ツインレイは、今世において魂の準備がある程度整わなければ出会うことはできません。そのため、出会いの時期は30代後半以降が多く、そもそもその年代では結婚をしている場合が多いのです。

では、それ以外でツインレイが結婚をしている理由にはどのようなものがあるのでしょうか。ツインレイが既婚者であるのには、魂のストーリーとして次の5つの理由があります。

  • 学びを深め魂を成長させた後に再会するため
  • どんな困難も結ばれるうえで障壁になり得ないと知るため
  • サイレント期間に入っている
  • 結婚相手のカルマメイトに魂を支配されているため
  • 実は偽ツインレイ

順番にみていきましょう。

学びを深め魂を成長させた後に再会するため

ツインレイは、出会うことさえできればすぐに結ばれる、というわけではありません。

ご存じのように、2人は一度離れ離れになり、さまざまな試練を乗り越え魂を成長させた後に再会をし、統合までの準備に取り掛かることになります。

いずれにしてもそれぞれが向き合うべき試練が待ち構えている中で、ツインレイが既婚者であることは、魂を成長させる大きな学びの材料になるでしょう。

お互いに会えない時期に「本当に大切なものは何か」向き合うこともそうですし、結婚生活や結婚相手から学ぶべきこともたくさんあります。

守るものがあったり、傷つけたくない人がいたりすることは「自分とは何なのか」「愛とは何なのか」を得ていく上で、かなり重要なものだからです。

また、自分が未婚でお相手が既婚者である場合は、自分がしたいことがエゴなのか、それとも愛によるものなのか深く考えるきっかけになるでしょう。

ツインレイはお相手が既婚者、あるいは自身が既婚者であることによって、多くの経験をすることになります。学ぶべきものも多く、魂は大きく成長するのです。

たとえ既婚者であることはかわらないとしても、魂が十分な成長を遂げられたその時には、自然と2人は再び顔を合わせることができるでしょう。

どんな困難も結ばれる上で障壁になり得ないことを知るため

どんな困難も結ばれる上で障壁になり得ないことを知るため

ツインレイが結ばれるまでの過程において、最大の試練はお互いに会えなくなり音信不通になる「サイレント期間」だと言われています。

お相手が既婚である場合は、このサイレント期間における課題がより大きく感じられ、また期間も長くなりがちです。そのため、一般的なサイレント期間よりもさらに、心理的にかなりの苦しみを味わうでしょう。

それだけの困難ですから、乗り越えた際には「2人なら何でもできる」「もう何も怖くない」「統合まで何があったとしても負けずに歩み続けられる」といった気持ちを持つことができます。

少しだけややこしいのですが、既婚であること自体は宇宙が設定した「障壁」ではありません。結婚はあくまで3次元の文化・制度によるものであり、宇宙などの5次元の世界にとっては関係ないものだからです。

ただ、宇宙はサイレント期間までに2人がまざまざと実感できるほどの困難を配置することがあります。

「2人が惹かれあっていたとしても、成長を遂げるまでは決して愛を遂げられない状況」の結果として、ほかの人物との婚姻関係がある場合があるのです。(例えば、一夫多妻制であったり、時代背景・文化により結婚していることがさほど困難にはならない場合は、別の形での困難が出てくることになるでしょう)

サイレント期間のはじまりは、このように大きな困難が目に見えてわかるような状況である場合が多く、それを乗り越えようとツインレイの2人は悪戦苦闘します。その中で着実に成長を遂げ、振り返ってみた時にはいつの間にかその「障壁」を越えていた、ということになるでしょう。

実は、サイレント期間を終えても統合までには2人で乗り越えるべき試練がいくつかありますが、この大きな問題を解決したことによって、どんなことも乗り越えられる自信がつき、2人で何とか歩んでいくことができるのです。

サイレント期間に入っている

サイレント期間に入っている

すべてのツインレイは、出会い、危機、分離(=サイレント期間)、覚醒、統合など、ほぼ一定の過程を歩んでいくことになります。ただ、ツインレイが既婚者の場合は「出会い」「危機」「分離(=サイレント期間)」がほぼ同時期に訪れ、気が付いた時には、すでにサイレント期間に入ってしまっているということも多いのです。

ツインレイの過程が明確なツインレイカップルの場合は、衝撃の出会いが訪れ、ラブラブな一時を過ごした後、危機が訪れやがて離れ離れになってしまいます。この離れ離れの期間(=サイレント期間)に、他の恋人ができたり、他の人と結婚をしてしまうツインレイもいます。

すでにどちらか、またはお互いが既婚者として出会ったツインレイカップルは、この出会いと危機、サイレント期間までの期間を極めて短期間で経験することになったのでしょう。

ただ、ツインレイであるのでいくら愛を確かめる期間が短かったとしても、思うように愛を語り合えなかったとしても、心に残る懐かしさや愛おしさ、ツインレイとしての確信は他のツインレイカップルと同様にとても大きなものです。

既婚者のツインレイは、魂に感じる愛を手がかりにサイレント期間を逞しく乗り越えていくことになります。

結婚相手のカルマメイトに魂を支配されているため

結婚相手のカルマメイトに魂を支配されているため

カルマメイトとの関係において、ツインレイが結婚しているという場合もあります。

カルマメイトとは、過去世からの因縁のある相手のことをいいます。この世に生きている人は、ツインレイの関係以外にも過去世からのさまざまな縁を持っているのです。

スピリチュアルにおけるカルマとは「良いことも悪いことも、自分のした行いは自分に返ってくる」ことをいいます。カルマは解消されるまでついてまわり、過去世から今世、今世で解消されない場合は来世まで続きます。

カルマメイトは多くの場合、過去世で傷つけたり裏切った相手である場合が多く、因縁の解消方法はさまざまですが、とにかくじっくりと関わる必要があります。

そのためカルマメイトは非常に縁が強く、恋愛の相手や結婚相手となることがあるのです。また、過去世においても近しい関係だったため、今世でも自然に仲良くなり、恋人として気が合って結婚までラブラブに過ごすことも珍しくないでしょう。

因縁の解消といっても、ケンカをしたり裏切り返したりという形だけではなく、ゆっくりと時間をかけて関係をほどいていくような形になります。そのため、もし離婚するという運命にあったとしてもその決断をするまでにはかなり時間がかかるでしょう。

基本的に、カルマを解消しないとツインレイの関係が結ばれることはありません。

ツインレイのカルマメイトが納得できないような別れ方は、カルマの解消どころかあらたな因縁を生むため、ツインレイが既婚者で離婚をする場合は必ず円満離婚となります。離婚時にはお互いに不満が残るような形でも、後々必ず「別れて良かった」「自分も成長できて幸せ」「良い出会い・別れであった」と思えるような結末となるでしょう。

ツインレイが結ばれることによって、カルマメイト以外の人においても、誰かが不幸になるということはあり得ないのです。

実は偽ツインレイ

実は偽ツインレイ

既婚者で出会ったお相手について、ツインレイではなく偽ツインレイである場合も考えておく必要があります。

偽ツインレイとは、ツインレイとよく似ていて本物のツインレイだと間違えてしまうような相手のことを言います。「偽」とつきますが、決してあなたを騙そうとする悪人ではありません。悪人でないからこそ、運命の人ツインレイだと信じ愛し続けてしまうのです。

偽ツインレイはソウルメイトであることも多いため、性格が合い、強く惹かれます。魅力的であなたはつい偽ツインレイに振り回され、執着をしてしまうでしょう。

偽ツインレイは、本物のツインレイと出会うまでの練習とも言われています。そのため思い切り激情に駆られたり、心を引き裂かれるほど愛に苦しむことになります。既婚者であることはまさに、本物のツインレイに抱く「結ばれたいけど結ばれない」苦しみの練習となるのですね。

既婚者であることについて、本物のツインレイと偽物のツインレイの違いは、偽ツインレイはあなたとの関係にさほど罪悪感を抱かない点です。ツインレイとは異なり、葛藤を通して学ぶ必要がないために、あなたとの恋愛も楽しむでしょう。

お相手が偽ツインレイである場合も、とても状況が似ているのですぐには気づけないかもしれません。しかし、関係を続けていくと、お相手の不誠実さが見えてくることになります。

好きな相手を見る目は盲目になってしまいがちですが、もう一度冷静な目で2人の関係を判断するようにしましょう。

既婚ツインレイの特徴・雰囲気

既婚ツインレイの特徴・雰囲気

既婚ツインレイは、男女ともに独特の雰囲気、特徴を持っています。

ツインレイ男性が既婚の場合は、見た目的には順風満帆。幸せそうな家族を持っていて、仕事もきちんとしている場合が多いでしょう。状況的には完璧であるのに、心の中には「何か欠けている」「なぜだか寂しい」という感情を秘めているため、どこか影がある印象もあります。

小さな嘘はたくさんつきますが、根本的には誠実で真面目な性格です。自分が既婚者であることは、きちんと相手に伝える人が多いでしょう。

ツインレイ女性が既婚である場合は、見た目は美しく、年齢より若い、もしくは幼く見える場合が多くあります。

ツインレイがお相手に出会う平均年齢の40代から50代の既婚女性の中には、外見に気を遣わなくなったり、実年齢より老けてみられる人もいますが、ツインレイ女性にはあまり当てはまりません。

どこか浮世離れしていて、結婚しているのかどうか見た目ではわからないということも特徴の1つです。

既婚ツインレイの気持ち

既婚ツインレイの気持ち

既婚ツインレイは、男性の場合はツインレイ女性に嫉妬をしてしまうことが多くあります。もちろん、自分が既婚者であるので表には出さないようにしますが、目で訴えたり、ちょっとした言動の節々に嫉妬が垣間見られるなど、隠しきれない部分があるでしょう。

ツインレイ男性は、誠実でまじめな人が多いので、基本的には「家族を大切にしたい」「ツインレイ女性とは離れるべきだ」という考えですが、合わせて持っている子どもっぽく幼稚な素直さも出てきてしまい、嫉妬があまのじゃくな振る舞いとして表れることもあります。

既婚のツインレイ男性は、ツインレイ女性と出会ってからずっと悩んでいます。放っておくと運命から、ツインレイ女性に惹かれ近づいてしまうので、強い意思を持ってツインレイ女性との決別をしようとするでしょう。

ツインレイ女性が既婚の場合も、ツインレイ男性との関わりの中で罪悪感を感じています。ツインレイは、結婚生活に特に不満があるわけではない場合が多いため、どうすれば良いのかわからないのです。夫のことが嫌いであればすぐに答えは出るかもしれませんが、夫を嫌いなわけではなく、しかも情に厚いツインレイ女性はすぐに別れることもできないため、とにかく悩むでしょう。

その後の運命はツインレイカップルによってさまざまですが、ツインレイ女性が本当の自己肯定感を身に着けるまで、罪悪感を抱えながらふらふらと漂っている感じを味わうことになります。

男女共に既婚ツインレイたちは、葛藤の中でゆっくりと「自分の喜びとは何か」に向き合っていきます。長い月日が必要ですが、それぞれの大切にすべきものが見つかってきた時には、2人、そして2人を取り巻く環境は少しずつ変わってくるでしょう。

統合=結婚ではない。ツインレイが既婚でも統合する。

統合=結婚ではない。ツインレイが既婚でも統合する。

既婚ツインレイが統合に至る場合は、結婚相手と離婚をしてツインレイと再婚をする必要があるのでしょうか。

その答えは「NO」です。

もちろん、離婚からツインレイのお相手と再婚をするカップルもいますが、すべてのツインレイカップルに当てはまるものではありません。

結婚とはあくまで3次元の文化・制度であり、統合という5次元の世界には関係がないものだからです。

ツインレイの統合は、2人の魂が十分な学びを果たしたあと、次元上昇と共に迎えられます。地球上のあらゆるエネルギーに祝福され、愛が達成された、2人が合わさったような感覚を覚えるでしょう。

これは肉体や制度を離れた次元のものですから、3次元世界の2人の状況はツインレイカップルによってさまざまです。

結婚するツインレイカップルもいれば、片方または両方が既婚者のまま、当時は2人とも結婚していたが時を経て1人は離婚、それでも1人は結婚したまま統合を迎える、というカップルもいます。

また、違う見方をすれば、いくら結婚できても魂が結びつかなければ統合までの試練はまだまだ続くでしょう。結婚生活の中で不安やすれ違いを克服していき、無償の愛とは何かを体得していくのです。

ツインレイは、お相手もしくは自分が既婚者であることは、愛を達成するまでの困難だとは受けとめつつ、一方でこの試練の本質に向き合う必要があります。

表面的に結ばれたとしても、魂の結びつきがなければ、今感じている寂しさや焦燥感は消えることがないでしょう。

お相手を愛する中で、自分を成長させていくことができれば、きっと結婚という制度を超えたところで強い愛の絆を感じることができるはずです。

ツインレイは試練を乗り越えて統合する。闇に呑まれず学びを進めよう。

ツインレイは試練を乗り越えて統合する。闇に呑まれず学びを進めよう。

ツインレイは結局のところ、数々の試練を乗り越える中で自分が成長をしなければ結ばれることはありません。

お相手もしくは自分が既婚者であると、それがとても険しく乗り越えられそうもない障壁のように感じますよね。

しかし、2人がツインレイであればどんな困難も越えていくことができます。それは自信に繋がるはずです。

また、結婚とはあくまで3次元の制度上のもの。その本質にある困難は、お互いが自分の大切にすべきものに気づいていないところにあります。

嫉妬に飲み込まれたり、罪悪感を払拭する方法を考えているだけでは、成長は少し滞ってしまうかもしれませんね。

サイレント期間中には自分にしっかりと向き合い、お相手を本当に愛するというのはどういうことかを考えていくことで、ゆっくりと成長していくことができるでしょう。

焦る必要はないので、心に感じる楽しさ幸せを目印に、1歩1歩ツインレイの過程を歩んでいってくださいね。

ツインレイ鑑定士の啓思(けいし)が、ツインレイが既婚者である理由を解説しました。

ココナラでランキング1位の啓思のツインレイ鑑定

→→魂の縁を視てツインレイ診断を致します

※会員登録で300円無料クーポン付き

鑑定士 啓思のLINE登録は以下から▼

友だち追加
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次